teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ポケコンパイラ1260

 投稿者:andou220  投稿日:2017年 6月24日(土)14時07分54秒
編集済
  今のところ、&BC30のままでもPC-1260/62とも異常はありません。  
 

ポケコンパイラ1260

 投稿者:andou220  投稿日:2017年 6月20日(火)15時06分7秒
  Pio86年9月号に載っていたPC-1260/61「ザ・リバー」のポケコンパイラ1260のROM内ルーチン&BC30がわかりません。確かCLSかCLEARのルーチンだと思います。

CLS &BEA4  CLEAR &BF25  PEEK &F200=34(PC-1260)
CLS &C0FA  CLEAR &C17B  PEEK &F200=84(PC-1262)
と調べてみました。
 

PB-100のクロックアップ

 投稿者:keito  投稿日:2017年 6月 8日(木)22時09分0秒
  mktさんのFX-730Pの倍速実験と同様なクロックアップ実験をPB-100で検証してみました。
接続抵抗 合成抵抗 ベンチ結果 抵抗比 処理速度比 速度比
R2[kΩ]   R[kΩ]    T[sec]    r      t
 なし     56       19.45       1         1     1.0倍
  5.1         4.7      7.13     0.083     0.367      2.7倍
  3.3         3.1      6.51     0.056     0.335    3.0倍
  1.0         0.98     5.77     0.017     0.297    3.4倍
  0.47  プログラム実行すると暴走
  0.33       〃
     T=0.245R+5.75             t=0.705r+0.296

FX-730Pと同様の傾向を確認できましたが、接続抵抗と処理速度の関係式は異なることが分かりました。また、接続抵抗は1KΩまでの様で、3.4倍までのクロックアップが限界と思われます。
 

Re:PC-1500のチェックサム

 投稿者:sac  投稿日:2017年 6月 7日(水)09時02分15秒
  自己解決しました。
先日、PC-1500用I/O・PiO式のチェックサムの計算方法がわかりましたので報告します。

ADD   +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F SUM
xxxx: A0 A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9 AA AB AC AD AE AF :SF

+0~+Fまでの値をA0~AF、SUMをSFとすると、

S0=A0
S1=2*S0+A1
S2=2*S1+A2
:
:
SE=2*SD+AE
SF=2*SE+AF

注)1.かけ算で(2*Sn)Snの値が128以上の場合は 2*(Sn-128)+1とする。
注)2.足し算の結果が256以上の場合は、m=2*Sn+Sn-1(256以上) m-256とする。


【計算例】
ADDR: +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F SUM
---------------------------------------------------------
4110: 94 BE 7B 15 14 FD C8 F1 BE 7B 26 BE ED 4D FD 8A :3E

A0~AF、SUMを10進数にすると、
+0 +1 +2   +3 +4 +5  +6  +7  +8  +9  +A +B  +C  +D +E  +F  SUM
---------------------------------------------------------------
148 190 123 21 20 253 200 241 190 123 38 190 237 77 253 138: 62

S0=148
S1=2*148(128以上)→ 2*(148-128)+1=41,41+190=231
S2=2*(231-128)+1+123=330(256以上)→ 330-256=74
S3=2*74+21=169
S4=2*(169-128)+1+20=103
S5=2*103+253=459(256以上)→459-256=203
S6=2*(203-128)+1+200=351(256以上)→351-256=95
S7=2*95+241=431(256以上)→431-256=175
S8=2*(175-128)+1+190=285(256以上)→285-256=29
S9=2*29+123=181
SA=2*(181-128)+1+38=145
SB=2*(145-128)+1+190=225
SC=2*(225-128)+1+237=432(256以上)→432-256=176
SD=2*(176-128)+1+77=174
SE=2*(174-128)+1+253=346(256以上)→90
SF=2*90+138=318(256以上)→318-256=62

よってSUM=62(3EH)

難解でした。
 

倍速実験結果の分析

 投稿者:keito  投稿日:2017年 6月 1日(木)21時08分30秒
  mktさんの詳細な実験結果に触発されて、色々と分析させて頂きました。
まず、合成抵抗値(R)とベンチ結果(T)をグラフにプロットすると直線的な相関があり、

    T=4.19*10^-4*R+9.53

の式で現せます。なので、合成抵抗値をショート手前(R>0)まで下げてもベンチ結果は9.5秒が限界と予想されます。

次に、FX-730Pの結果をPB-100等に活用するため、オリジナルの抵抗値68kΩとベンチ結果38秒を基準として、合成抵抗値とベンチ結果をそれぞれの基準値で割った、抵抗比(r=合成抵抗値/68kΩ)、処理速度比(t=ベンチ結果/38秒)を用いて再度分析すると、

   t=0.75*r+0.25   → t=(3*r+1)/4   →  r=(4*t-1)/3

となります。真ん中の式からショート(r=0)させても4倍速(t=1/4)が限界、右の式から4倍速以上(t<1/4)では抵抗比がマイナスになるので実現出来ない事も分かります。

クロック・アップでは、オリジナルの抵抗に並列接続するので、オリジナルの抵抗値をR1、接続したい抵抗値をR2とすると、並列接続の合成抵抗値を求める公式から

   R2=R1*r/(1-r)

の関係が得られ、r=(4*t-1)/3と合わせて、目標の処理速度比から接続すべきR2が求められます。PB-100の記事で検証すると、R1=56kΩ、R2=30kΩならt=0.512で約2倍速、R2=3.3kΩでt=0.293で約3.4倍速となり、CPUがHD61913、HD61917、HD61747を使用しているポケコンには、この関係式が使えそうに思います。

以上、長くなりましたがmktさんとchameさんに感謝しつつ分析をさせて頂きました。
 

RE:内部ROM

 投稿者:sac  投稿日:2017年 5月18日(木)13時11分29秒
  PockEMUの1245で動作させてみました。

BASICのBEEP 1が4KHzで ピィー だとすると以下のようです。


1. $6F5C 2KHzの長めのBEEP びぃーーー
2. $6F31 4KHzの短いのBEEP ピッ
3. $6F40 2KHzの短いのBEEP ピッ

外部ROMの内容は以下です。解析して何か発見があれば教えてください。

[$6F5C]
88 02 07 DB 8A 59 30 59
78 6F 0B 78 6F 18 8A 71
01 49 3A 05 F1 0B 2D 13
F1 0B 78 6F 7A 37

[$6F0B]
34 8B 64 0F 44 5B 34 58
64 0F C4 5B 37

[$6F18]
78 6F 27 6B 02 39 03 6B
02 39 03 78 6F 27 37

[$6F7A]
8B 59 58 78 6F 18 37

[$6F27]
6B 02 39 03 D1 78 6F 41
78 6F 40 78 6F 40 78 6F
40 78 6F 40 D0 78 6F 41
37

[$6F40]
D2 12 5F 60 01 2A 05 61
30 2C 05 61 20 4D 4D 6B
02 39 03 DF 37
 

ROM内ルーチン

 投稿者:andou220  投稿日:2017年 5月17日(水)13時45分51秒
編集済
  PC-1260とPC-1262はもっているので
PC-1260/61/62のROM内ルーチンで
CALL &082F
CALL &0844
はBASICで音出しとして使える。
CALL &082Fの方はマシン語で
D1 E8 2F 37  2KHz(0→C)
D0 E8 2F 37  4KHz(1→C)
C(キャリー)フラグによって2KHzと4KHzと使い分けれる。
 

ROM内ルーチン

 投稿者:andou220  投稿日:2017年 5月16日(火)20時33分37秒
  PC-1245のROM内ルーチンについて
CALL &6F5C
CALL &6F31
CALL &6F40
は何ですか。
 

Re:FX-730Pの倍速

 投稿者:chame  投稿日:2016年10月31日(月)08時20分30秒
  おお。抵抗を変えての細かい実験がすごいですね。
 

Re:FX-730Pの倍速

 投稿者:mkt  投稿日:2016年10月23日(日)19時41分5秒
  抵抗の入手が成ったので、実験しました。
前回ベンチ35秒機を生贄に、70mm程度のリードを拡張コネクタ部の隙間から機外に引き出してそれぞれの1000回ループのベンチを取りました。
用意した抵抗は、30KΩ、20KΩ、15KΩ、12KΩ

結果は以下の通りでした。
リード付けただけ なぜか38秒

接続抵抗 、合成抵抗値(概算) 、ベンチ結果(手) 、他
30KΩ  、20.8KΩ  、18.5秒  、chameさんと同じ程度の結果。でも改造前からの変化度合いがchameさん機より小さい
20KΩ  、15.5KΩ  、16秒    、クリック音 BEEP音はわたし好み。画面の濃度変化もほぼなく安全圏かな?
15KΩ  、12.3KΩ  、14.5秒  、ベンチ実行中画面濃度薄くなる。消費電力大か。クリック音短すぎ。チッ、チッな感じ
12KΩ  、10KΩ    、13.8秒  、さらに電池に負荷高そう。クリック音は短すぎ。15KΩとあまり変わらない
ショート  、0Ω      、エラー   、電源は入るが暴走。(今回は?)プログラムは破壊されなかった。
リード取り外し後 35秒に戻る

25KΩを試したいなと思います。

あと、
OCの影響か、圧電素子のリード線が外れかかっているのかもしれませんが、元に戻した後BEEP1が濁った音になりました。

 

PB-100のショート

 投稿者:chame  投稿日:2016年10月 3日(月)21時31分36秒
  I/Oの記事によれば、短絡させると4倍速らしいです。
ただしそのときは外部電源が必要とか。コネクタに電源つなぐところとかの図解があり。
いまいち、この抵抗とクロックの関係がよくわかってないです。
CPU内部にCR発振の回路が組み込まれていて、内部にも抵抗があって、外部で調整って感じなのかな。
 

Re:FX-730Pの倍速

 投稿者:mkt  投稿日:2016年10月 3日(月)00時05分30秒
  倍速化の情報ありがとうございます。

30KΩの手持ちが今はないので、後日トライしたく思います。
PB-100で3.3KΩ~30KΩで行けるなら、ほぼ壊すことはないと思います。
(Webではショートさせたとの記事もありました(動くのか?):PB-100)

FX-730Pは手持ち2台A,Bあるので、ベンチマークやってみました(手計測)。
A:35秒
B:36秒
電池の状態で速度が変わると見たことがあるので、それぞれの電池を入れ替えてみましたが、
同じ結果でした。だいぶバラつくようですね。

因みに、
CPUの件の抵抗はPB-100Fは56KΩ、PB-110は68KΩでした。

楽しみーです。
 

Re:FX-730Pの倍速

 投稿者:chame  投稿日:2016年 9月30日(金)00時32分25秒
編集済
  そうです。
結論をいうと、R68に並列で30kΩとスイッチを入れてます。
ただし、素人が度胸でやってるので、そちらでもいろいろご確認下さい。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/upc/pc/casio.html
こちらの1~1000までの加算のベンチマークで、
PB-100…19.8秒
FX-730P…38.6秒
らしいですが、わたしの環境で、
ノーマル43秒、クロックアップ19秒となりましたので、概略倍速と呼んでいます。
目標はPB-100の速度に近づけるということだったので、これで希望通りになりました。

参考:
●I/O '87/7 PB-100を3.5倍速に!
 PB-100は、56kΩの抵抗に並列で3.3kΩを入れると3.5倍速、30kΩで倍速と書いています。
 概略倍速にしたかったので、30kΩで実験して不満なら数字を調整しようと思いましたが、
 わたしの場合、30kΩで希望通りになりました。

http://www2b.biglobe.ne.jp/~houmei/rd/fx702p.html
 FX-702Pですが、並列に抵抗とスイッチを入れる様子が参考に。

http://www.hpmuseum.org/cgi-sys/cgiwrap/hpmuseum/articles.cgi?read=700
 外国のベンチマークページ。
 改造については書いてないが、FX-730Pの2.7倍速のベンチマークがある。

https://twitter.com/chame/status/631463490125889536
 FX-730Pで実践するまえに、ジャンクのAX-1で実験しています。
 AX-1は電気的には完動ですが、ヒンジが折れてるもので、最初からクロックアップの実験を目的として、格安で入手したものです。

●類似機種のマニュアル
 たしか、TANDYの24桁のOEM機のマニュアルとかで、CR発振の抵抗がCPUのどのピンか
 というのを確認した気がします。
 ちょっといますぐでてこないのですが、確認されるとより確実かもしれません。
 →TANDY PC-6のSERVICE MANUALでした。
 HD61747のPinのデータがのってます。25, 26がCPU internal clockと書いてありますが、
 念のためネットで検索して確認されたほうがいいと思います。
 

FX-730Pの倍速

 投稿者:mkt  投稿日:2016年 9月29日(木)22時58分57秒
  検索したんですが、見当たりません。
http://forums.bannister.org/ubbthreads.php?ubb=showflat&Number=85172
のHD61747B27の左上のR68じゃないかと思っていますが、どうでしょう?
また、何オームに交換になりますか?

宜しかったら、教えてください。
 

訂正

 投稿者:chame  投稿日:2016年 9月26日(月)04時16分3秒
  https://twitter.com/search?q=mode%20from%3Anum_kadoma
さっきの一番上のアドレスのmodeの次がスペースで切れてますね。
訂正のつもりですが、これも同じ表示なら手動でコピペしてください、すみません。

https://twitter.com/chame

 

いろいろ

 投稿者:chame  投稿日:2016年 9月26日(月)04時12分47秒
  https://twitter.com/search?q=mode from%3Anum_kadoma
新PBのPEEK、POKEについては門真なむさんが、いろいろおもしろいことを見つけられてます。
上は、Twitterをmodeで検索のURLですが、それででてきたPBがらみの前後を見ると、いろんな経緯がわかるかと。
隠しキャラの表示とか、いろんな変数領域について、モニタープログラムとかありますね。
公開するプログラムには使いにくいですが、変数領域直書き換えは意外と便利です。1変数を8バイトに割って使えたり、$変数の部分書き換えとかが軽いフットワークでできるので。

わたしも、FX-730Pを持ってるんですが、ちょっと埋もれてるので、出てきたら、またなにか書くかも。いまは細かい部分について回答できなくてすみません。

キークリック音はわりと便利なので、PB-120でも使えるといいとは思ってますね。

そういえば、わたしはFX-730Pは倍速にクロックアップしてます。
裏面のヘソのところに速度切り替えスイッチをつけてます。
https://twitter.com/chame/status/631506906905841664


倍速にすると、BEEP音が軽くなって、聴きやすくなります。
キークリック音も軽くなり、エディットも軽快になります。

倍速時の音の感じがわかる動画です。
https://twitter.com/chame/status/655477509526388736

https://twitter.com/chame

 

PB-120 キークリック音

 投稿者:mkt  投稿日:2016年 9月24日(土)21時34分11秒
  chameさん。 はじめまして。

キークリック音、押したかどうか判りやすくなるので使いたいですよね。また、ずいぶん最近の話題だったんですね。

FX-730PのMODE命令はwww.pisi.com.pl より知っていましたが、PB100系のMODE命令は知りませんでした。
今一良く判っていない状態ですが、実行上少なくてもエラーにはなりませんね。
ただ、RUNモードでは使えない?のかERR2になるので、もし、キー音のON/OFFができてもプログラム中での
切り替えだとちょっと使いにくいですね。

>プログラムから変えられる角度のモードを変えて、PB-120で全走査しましたが、見つけられませんでした。
>その設定はCPUの内部RAMにあるんじゃないかという意見がありました。
>
PB-80はキークリック音が「MODE .」でON/OFFできるので期待していたのですが、ワークエリアに状態変化が
見られないということでは いよいよ厳しいかもですね。


FX-730Pのアドレスの件、試したところ、紹介頂いた海外サイトのPC-6と同じアドレス378(&H17A)で変化が見られました。
10 MODE18(378,A$) で、
BUZER ON ・・ A$=”00”
BUZER OFF ・・ A$="80"
に変化することが見られました。

10 MODE18(378,A)
では実行後、A[RETURN] でError6になりました。

MODE19命令の使い方が悪いのか良く判っていませんがキー音のON/OFFはできていません。
10 VAC
20 INPUT A
30 MODE19(378,A)
で、0入力、128入力共に変化なし。

PB-120では、と思いましたが、www.pisi.com.pl のMemoryMapではアドレス378はスタック領域とのことで違うのを承知で、
とりあえず 10 MODE18(378.A)を実行すると、A[RETURN] でError6や 107 になりました。
PB-80 は 97。 スタック領域なので一定しないのでしょうかね。

PB-100FのBEEP音についての情報ありませんか?


ところで、
上記のMemoryMapでFX-700P(PB-100)で既にユーザーエリアが3136STEPと書かれていることに気づきました。
今までの自分の実験結果と違うと思い、惰性で入手していたPB-100に改造2KBパックを改めて装着しましたが、
1568STEPまでしか認識しませんでした。
 

PB-120 キークリック音

 投稿者:chame  投稿日:2016年 9月23日(金)03時38分56秒
  はじめまして。

わたしも、PB-120のキークリック音を経験しています。
そのとき撮影した動画があります。
https://twitter.com/chame/status/740791385436065792

FX-730Pは、たしかどこかのアドレスを特定の値にすると、オンできるみたいです。海外のサイトで情報を見かけましたが、すぐ見つけ出せません。

去年あたりに、PB-100F、PB-110以降の新PBには、PEEK、POKEに相当する命令が発見されています。MODE18(アドレス,読込用変数)、MODE19(アドレス,書込みデータ)です。

液晶のインジケータに相当するアドレスがあり、そこでBZをオンにするとキークリックがオンになるのではないかと、プログラムから変えられる角度のモードを変えて、PB-120で全走査しましたが、見つけられませんでした。

その設定はCPUの内部RAMにあるんじゃないかという意見がありました。

https://twitter.com/chame

 

(無題)

 投稿者:mkt  投稿日:2016年 9月22日(木)09時47分52秒
  PB-100FのBEEP音を大きくする手段が判らないので、
”PB-100は氏ね |READY P2    |”
ttp://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/i4004/1170374537/l50

にココのことを書いちゃいました。まずかったかな。

あと、PB-120の電池を交換していて偶然気付いたのですが
キークリック音が鳴る状態になりました。「BZ」インジケーターが点いていました。
MODEを変えたら消えてしまって、それきり有効にする手段が判りません。
WEBで検索しても判らない様子。

PB-80は”MODE .”が「BUZZER」、インジケーターは「BZ」
FX-730Pは”MODE .”が「BUZZER」、インジケーターは「BUZZER」
トグルでON/OFFできますね。
 

初めまして

 投稿者:咳めぐ  投稿日:2016年 8月 2日(火)00時41分1秒
  初めまして、咳めぐと申します。
こんな時代に細々とポケコンの個人サイトをやっています。
私のサイトから「懐かしのパソコンとポケコンの部屋」へのリンクを張らせていただきました。

私が以前運営していたサイトは消滅して
現在は仕切り直しで「COSMO PATROL archive」というのをやっているので
もしよろしければリンクをお願いします。

http://cosmopatrol.web.fc2.com/

http://cosmopatrol.web.fc2.com/

 

SUPER COLLEGE II

 投稿者:mkt  投稿日:2016年 5月12日(木)02時03分20秒
  SUPER COLLEGE II を入手しました。

標準スペックは
RAM 2Kb(1568STEP)
CPU HD61817A08
PCB記号 AII033-G751

RAMは2KB実装済で増設は下記のように不可。。
メモリパック部はPB-200同様ダミーのカバーが装着され、メモリパックOR-1等の装着は基本出来ない。
メモリパックスペースにRAM増設のパターンなし。
2Kb目のRAMはCPU傍に1KBx2個:計2Kb分を実装済。

BEEPあり。 CPUから追加のフィルム子基板でBEEP回路を構成。
これは、FX-710と同一のものに見えます。
キーの配列はFX-100Fに”F”が追加になっており、FX-710Pと同じ。それに伴い関数名が印刷されています。
DISPKAY部の化粧パネルには2,3K_BYTEと記載されていますが、これまでの経験から4KB(3616STEP)に
拡張できそう。
ということで、メモリパック部のダミーカバーを撤去し、FX-710Pの無印2KBRAMPACK(3KBめ、4KB目を
実装RAMPACK)を装着したところ、普通に認識し、フリーエリアは3616STEPで認識しました。

ん~、FX-710P(PB-400)の化粧とRANPACKにメカ的制限を設けた学校向け機種ですね。

以上、観察日記でした。
 

PC-1500のチェックサム

 投稿者:sac  投稿日:2016年 5月 8日(日)22時15分53秒
  いろいろ調べたところ、PiO SPECIAL2 にてPC-1500用のリロケータブルモニタの記事を見つけました。
チェックサムは「ポケコン活用術」工学社のものらしいです。このマシン語モニタにてチェックサムの計算の解析を始めましたが、単純な足し算は ADDR+8と+Fのみでその他は何らかの計算がされているようでわたしには難解です。
「ポケコン活用術」をお持ちの方、工学社の雑誌I/OやPiOのPC-1500用のチェックサムの計算法を教えてください。よろしくお願いします。
 

PC-1500のチェックサム

 投稿者:sac  投稿日:2016年 4月12日(火)09時17分36秒
  PC-1500用のマシン語ダンプリストを見ていたら、チェツクサムの計算方法がよくわかりません。
PC-12Xシリーズのチェックサムとは計算方法が違うようです。
御存知の方教えてください。

例)
ADDR +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +A +B +C +D +E +F SUM
---------------------------------------------------------
4100 00 00 00 00 00 00 00 00 00 12 1F 10 00 00 00 00 :69 ← 41では?
4110 00 00 00 1D 15 17 00 00 00 00 00 00 00 15 15 1F :74 ← 92では?
4120 00 00 00 00 00 00 00 0F 08 1C 00 00 00 00 00 00 :1A ← 33では?
 

PB-100のメモリ増設

 投稿者:mkt  投稿日:2015年10月23日(金)21時03分36秒
  FX-710Pの純正2KBメモリパックはRAMのマッピングが3KB目、4KB目になっているため、544ステップ機に装着しても認識しないことが判りましたが、そういえばPB-200は2KB目が実装されていると急に思い出したので、期待して装着したところ、ステップ数は1568で変化せず認識しませんでした。残念。
簡単なFORループを書き込むと残ステップ数は1568から順当に減じて行き、また実行や他の動作には影響無い様子です。

どうやら、PB-400/FX-710Pよりも古い機種、ステップ数表示部が3を表示できない機種(又はBEEP命令がERR2になる機種かな)は1568ステップを超えるメモリの増設はできないように思います。

OR-1目当てで入手し、悔しい思いをしたPB-200が役に立ち、ちょっとスッキリしました。。

 

純正無印2KBメモリパックほか

 投稿者:mkt  投稿日:2015年10月 7日(水)00時21分38秒
  FX-710P(PB-400)を入手し、純正の2KBメモリパック、及び本体の実装を観ることがかないました。
使われているメモリチップはHD61914が4個(本体2個、パック2個)でした。

本体の基板はPB-110に良く似ており、PB-110の1KB目のRAMのすぐ隣に2KB目のRAMが実装されているように見えますが、
実際にはCPUから順に2KB目、1KB目と実装されており、PB-110のRAMの実装とはIC 1個分ずれていました。

メモリパックには3KB目と4KB目のRAM_2KB分が実装されていました。取り外すと1568ステップ機になります。
このメモリパックをPB-110、PB-100F、PB-80に搭載しても認識しません。2KB目のRAM_ICが無いためと思われます。

CPUの上にはCPUを覆うようにチップ抵抗のみ実装されたフィルム子基板が追加されていました。
PB-110のWeb情報から察するに、子基板無しVerもあるのかもしれません。ブザー端子位置も異なっていました。
他に実装されているロジックICはT40H002Fで3機種とも同じ。

基板の部品番号と思われる番号/記号は以下の通り。
FX-710P A11033-1 G751:フィルム子基板あり
PB-110 A11124-1 G758:フィルム子基板あり
 (Webで見られるのはA11124C-1 G758:CPUの上に子基板無し。RESET周りのパターンが大きく異なる。改版?)
PB-100F ○B(Webで見られるのと同じ)

CPUはHD61917A08でPB-100FとA08まで同じでした。
で、疑問です。
FX-710PはBEPPが有効で、当然良く鳴ります。
PB-100Fに改造追加の圧電ブザーの鳴きの小ささの改善に期待が出てきました。
拡張ポート近傍への追加の配線と47uFのセラコンの有無の違いがありますが、良く判っていません。


以上、観察日記でした。
 

PBのメモリー増設

 投稿者:mkt  投稿日:2015年 8月30日(日)22時22分25秒
  ながれ星さん、はじめまして。

書き込み前後してしました。
PB-120は16KBを超えるメモリ増設はダメでしたか?

残念ながらOR-1にHD61914を3枚入れ込むことはできませんでした。2個実装できるような内部形状にはなっていますが、基盤は1個用パターンです。OR-1のカバーを取ってしまえば3枚載せて本体へ装着出来るかもしれません。
また、
本体へのコテ入れを気にしないならば、PB-700のRAMパックOR-4はHD61914を4個実装していましたので、V1,V2:GND,GNDのチップを取り除き3KBとし、V3,V4をGNDに繋いで基板のみのRAMパック端子を本体端子へ配線するのが簡単だと思います。または、本体RAMを撤去してV3,V4をGNDに繋いで基板のみのRAMパック端子を本体端子へ配線。自分はOR-4からHD61914を剥がして改造していました。

ところで、
PB-500F用のRC-4はHD61914を4個実装。RC-8はuPD1004Gを4個実装。で12KB認識になっていましたので、CPU:HD61747はハード的にはHD61914、uPD1004G混載可能と見えます。
HD61914のPIN配置図を見る限り、D1~D4でアドレスとデーターを共有しているようなので、CPUがHD61747なPB-110の本体実装メモリをuPD1004Gに変えてみて認識するようならば、OR-1もuPD1004Gに貼り換えてみようかと思います。ただし、INTの処理が必要になるかもしれません。
RC-8が複数枚入手できたらPB-110にトライと思っています。
なので、PB-400のメモリパックの中身がやたらと気になります(汗)

 

PB-100FのBEEP(残問題あり)

 投稿者:mkt  投稿日:2015年 8月30日(日)21時35分49秒
  色々と検索していたのですが、どこかで発振出力しているはずと思っていましたが、BEEP追加の記事に当たりませんでした。結局Vintage programmable calculatorsの Service manual for the Radio Shack PC-4 のP24よりCPUの未結線に見える入出力PINのKM(6PIN)とGNDに圧電素子を接続したところ、BEEP;BEEP0(低),BEEP1(高)で音を出していました。
ただし、音量が小さく1tr追加したりしたのですが満足いく音量が得られていません。また、GNDが+5V、VDD1,2が-5Vとかで今一どうすれば良いか判りません。パターンも傷みだしていてギブ状態です。どなたか教えてくださると嬉しいです。
 

PB-120のメモリ増設(未完了)

 投稿者:mkt  投稿日:2015年 8月30日(日)21時33分20秒
  Vintage programmable calculatorsの Service manual for the Radio Shack PC-6 のP8よりMB64H193は8KBまでの一般的なSRAMを4個接続できそうでした。実際にFX-791Pは標準10KB、最大18KBということなので、8KB+2KB+8KBの3チップ構成機種も有るようです。
ずっとPB-120に実装のMB64H440と似ていると思っていたのですが、手持ちのFX-730Pの基盤を見ると実装されているICはMB64H440なのですが、シルクはMB64H193と書かれていることに気づき、PIN互換を期待して23番PINに亀の子にした8KB-SRAMのCE1を繋いだところ、ステップ数は15840になりました。
参考写真:http://forums.bannister.org/ubbthreads.php?ubb=showflat&Number=85172
さすがに8KB分の無駄なDATAを書き込んだ上での動作確認はしていませんが、通常使用でプログラム実行も不具合は有りません。
PIN配は以下の通りです。

PIN 名称 ステップ数 増加分
24 CS3 本体実装のRAM 7648 -
23 CS4 16KKB目のRAM 15480 8192
22 CS5 多分24KB目のRAM 未確認
21 CS6 多分32KB目のRAM 未確認

追加の8KB-SRAMのCE1を23PINから22PINに接続したところ7648ステップとなり認識しませんでした。21PINへの接続も同様で、PB-100Fのように順番に接続する必要があるのかもしれません。
ただし、PB-120のステップ数表示部のセグメントは18888なので上手く行ってあと4KB、内部的にきちんと処理されていれば、20KB台はステップ数表示の5ケタ目が”1”のセグメントの上半分だけ表示されて残ステップ数認識可能かも。。というところで改造は止まっています。

FX-730Pのステップ数表示部のセグメントも18888なので同様です。RAMパック端子へはCSが3本配線されています。
ただ、同じCPU:HD61747 のPB-770の最大容量が32KBなのでハード的にはOK。残ステップ数表示の問題だけで済むかはシステム次第と思っています。

ところで、PB-110もCPUはHD61747なので、PB-770より2KBのRAM(uPD1004G)が使えるかもしれず、本体実装になりますが、案外容易に8KBまでの実装ができるかもしれないと思っていますが、ステップ数表示部のセグメントは”a888”の様な4ケタ目が1つ抜けているので、ダメか。
それと、uPD1004GのDATASHEETが見つからずPIN配置も今一良く判りません。
PB-80は一部溶着で組まれていてバラし切れず、CPUの型番が判りません。
 

PBのメモリー増設

 投稿者:ながれ星  投稿日:2015年 8月30日(日)15時21分31秒
編集済
  mktさん、貴重な情報をありがとうございます。
PB系の4ビットRAMはマッピング機能があったんですね。OR-1内にRAMが3枚入ると
良いですね。自分のPB100は壊れたPBから剥がしたRAMで内部増設しました。

PB400は所有なく、情報はありません。

PB120は確か普通の8ビットRAMでしたね。自分も増設しました。メモリー容量数値の
セグメントだけで判断すると、まだ増設できそうな感じでしたが駄目でした。




 

PB-80,PB-100F,PB-110のメモリの増設

 投稿者:mkt  投稿日:2015年 8月29日(土)03時25分28秒
  Vintage programmable calculatorsのhttp://pisi.com.pl/piotr433/hardware.htm#ram のHD61914AのPIN配置図より、
V1,V2 以外を並列に配線。V1,V2 は以下の様になっていました。INTは未接続。

V1 V2 ステップ数 増加分
GND GND 本体実装のRAM 544 -
VDD2 GND メモリパックのRAM     1568 1024
GND VDD2 3KB目のRAM 2592 2048
VDD2 VDD2 4KB目のRAM 3616 3072

3KB目のRAMを無しに4KB目のRAMは認識しませんでした。順番に追加接続する必要があるようです。
HD61914Aは良く判らない仕様ですが、PB-700の回路図に16個までの接続図が見られます。

PB-100F,PB-110で1568ステップ以上無駄なDATAで埋めた後、簡単なFOR-NEXTループでエラー無しでした。
PB-100Fは空きランドに3個亀の子にして高さが裏カバーにピッタリでしたが、PB-110には空きランドが無く配線が大変でした。ただ、PB-110はCPUの型より2KBのuPD1004Gが使える可能性があり、その場合、本体とOR-1(E)を貼り替えれば割と楽に4KB機になるかもです。
なので、PB-400/FX-710Pがどういう実装なのかとても興味があります。

このままでは、本体にコテ入れるためOR-1(E)に3KB目を仕込んだところ、PB-80,PB-100F,PB-110で2592ステップと認識し、現状特に問題は出ていません。
PB-100ではどうなるのかと思い、OR-1目当てにPB-200を入手したところメモリパックで無くRAMが本体に実装されていたためOR-1(E)改が装着できず未確認です(OR-1(E)も入手出来ず)。
多分、PB-400以降の機種でステップ表示部4ケタ目が”3”を表示できる機種ならば同様と思います。

 

Pockemu 1.4.1

 投稿者:sac  投稿日:2015年 8月27日(木)23時45分26秒
  mamoさん、PockEmul 1.4.1 の情報ありがとうございます。
PockEmul 1.4.1でポケコンパイラ1251試しましたが残念ながら動作不可でした。

しかしながら、前バージョンでは動作しなかったPio85’1月号のPC1245 DANGEROUS ZONEとI/Oに掲載された続編のベータが動作しました。これは大変かんげきです。

PockEmul 1.4.1では[CL][BRK][MODE]のキーがパソコンのキーボードからの入力できないようです。前作ではファンクションキーで入力できたのに残念です。
後、1245のLCD表示が1251と似たようになった(dot間が広がった)のも少し残念ですが良くなってます。
 

PB-400のRAM

 投稿者:mkt  投稿日:2015年 8月27日(木)00時21分49秒
  こちらの掲示板は、ながれ星さん他、皆さんの貴重な書き込みなど良く見させていただいていましたが、初めて書き込みます。

管理人様。もし、よろしかったらPB-400に実装されているRAMチップの型番、個数、CPUの型番を教えていはいただけないでしょうか。
あと、
PB-400に装着されている無印のメモリパックはPB-110に装着すると認識しますか?
PB-400はBEEPはなりますか?

当方では、PB BASICのVer2.0以降のモデルで2Kb以上のメモリ増設ができました(PB-80,PB-100F,PB-110)。
PB-100FはBEEP出力(BEEP0,BEEP1)も可能でした。

PB-120も8KB以上の拡張ができました(今16KB)。

順繰り書き込んでいこうかなと思っています。


 

Re:ポケコンパイラ1251

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 7月 3日(金)17時40分26秒
  sac さん、
PockEmul 1.4.1 が出ているようです。
試されてはいかがでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 4月10日(金)09時41分17秒
  ヤフオクに PC-1251 の OEM 製品が出品されてますね。
3台セットで、、、

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/191171996

 

Re:ポケコンパイラ1251

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 1月23日(金)10時45分13秒
編集済
  そこまで解析されていたのですね。私の方こそ、申し訳ないです。
先にも書いたのですが $400C は $11AF からも呼ばれているルーチンです。
ATARU さんのマシン語モニタでも $C64E で呼ばれている様に、ほとんどの
マシン語モニタのプログラムはこのルーチンを使っているはずですから、
モニタが動けば大丈夫なはずだと思うのですが、なんででしょうねぇ。。。

あと、ファイルについてですが、以下の URL のゲストブックからコメント入れて
いただけせんでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/mamo_sc61860
 

Re:ポケコンパイラ1251

 投稿者:sac  投稿日:2015年 1月23日(金)08時12分19秒
  >つまり、BASIC のソースが "CALL &400C" となっているとすれば、コンパイラ
>エラーになっても仕方がない気がしますが、そういう意味ではないのでしょうか?

私の文の書き方が悪くて申し訳ありません。
ソース中にCALL &400C が出てくるのではなくコンパイラ1255本体のマシン語部分に出てきています。
<行ったこと>
1.コンパイラ1255を入力
2.ソースを入力
3.コンパイルしてオブジェクト作成
4.実行→途中で暴走?(試したソースは4本)

で、コンパイラ本体が怪しく感じ、コンパイラ本体のマシン語を解析中に400Cが出てきて、???となったわけです。
解析はノロノロとカタツムリ速度で行っています。(SC61860暦は1年程の初心者、わかる事の方が少ない状態)


>ちなみに 「ポケオンパイラ1251」 のダンプファイルは、テキストファイルとして手元にあります。

ほしい、とても欲しいです。mamoさんよい方法はないでしょうか?  
 

ポケコンパイラ1251

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 1月19日(月)13時02分53秒
編集済
  '84 当時のものかどうかは不明ですが、I/O の切抜きの「ポケコンパイラ1251」の記事が出てきました。
記事を確認していると、CALL 命令はカーソルの指定のために利用されていて、
取れる値の範囲は、0~23 になっているようです。
つまり、BASIC のソースが "CALL &400C" となっているとすれば、コンパイラ
エラーになっても仕方がない気がしますが、そういう意味ではないのでしょうか?

ちなみに 「ポケオンパイラ1251」 のダンプファイルは、テキストファイルとして手元にあります。
 

Re: &400c

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 1月16日(金)19時38分6秒
  実は、&400c は、Pio Spetial No.2 の PC-1255 の麻雀の &B600 からのコードを見てて、何だコレ?って思って
調べようとしていたところだったのです。
このプログラムでは $21 以降に文字コードをコピーしてから &400c を呼び出しているので、ROM のコードと
照らし合わせてみても、問題ない筈です。

「ポケコンパイラ1251」懐かしいですね。
確か、スクラップで取ってあると思うので探してみますが、あれ、後で、ゴメンなさいの記事があった気が
するんで、それも含めて探してみます。

でも、どうやって、渡したらよいのだろう?
 

お礼 &400C

 投稿者:sac  投稿日:2015年 1月16日(金)17時23分47秒
  mamoさんありがとうございます。
当方気長に待つつもりでいましたので、返事が遅れて申し訳ありません。
&400Cは表示ルーチンだったのですね。

事の発端はI/Oに84年12月号掲載の「ポケコンパイラ1251」氏家一浪さん作を動かしたくなったからです。30数年前はPC-1245しか持っておりませんでしたから、コンパイラとは縁がありませんでした。古いPioを眺めておりましたところ、ポケコンパイラ1251を使用したプログラムがちらほら掲載されており、その一風変わったソースプログラムに興味をひかれ、Emuにて動かないかとPio 86年5月号掲載の「ポケコンパイラ1255」を入力したところ、どうもうまく動いてくれません。実行しても何も表示しない状態でした。
のんびり解析しながら、いろいろやった結果 &400Cでコンパイラのエラー表示が出るようにはなりました。とりあえず1歩前進したかな?
動作するにはまだまだかかりそうです。

「ポケコンパイラ1255」は氏家一浪さん作の『ポケコンパイラ1251』の1255版なのですが、1255EMUでは動作しないようです。実機では動くのかわかりません。
『ポケコンパイラ1251』の記事が掲載されているI/O 84年12月号があれば何か原因解明の一端になるかもしれませんが、現在は入手も難しいようですし。こまったな。
 

Re:PC-12Xのマクロ

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 1月12日(月)14時32分8秒
編集済
  なるほど。やっぱり &11AF の表示ルーチンの一部みたいですね。
内部 RAM $20-$37 にある中間コード24文字分を、キャラクタデータに変換してVRAMに
転送し、文字列を表示させるルーチンの様です。
yagmon1245 で使ってるワークエリアが $39 からを選択している理由がわかった気がします。
 

Re:PC-12Xのマクロ

 投稿者:mamo  投稿日:2015年 1月12日(月)14時00分26秒
  タイミング良く、同じところに引っ掛かっている人がいて、びっくり!
まだ、完全に把握してるわけではないのですが、、、、、、
外部ROMのキャラクタデータを取り出していて、LCD の 12 桁目で
アドレスが反転しているのを吸収して表示している様に見えます。
もうすこし、見てみます。
あと、PC-125x 系列での呼び出しアドレスは同じだったかと思います。
 

PC-12Xのマクロ

 投稿者:sac  投稿日:2015年 1月 9日(金)10時50分6秒
  PC-1251のマクロ命令(内部ROMルーチン)のアドレス ”&400C”についての質問です。

1.どのような動作でしょうか?
2.PC-1255での アドレスを教えてください。

少し調べたところ、画面関係のようですが挫折しました。
御存知の方、よろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:JIN  投稿日:2014年 6月 4日(水)15時26分51秒
  今、雨が降ってます。もー梅雨ですね。  

1251逆アセンブラ

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月30日(水)11時23分34秒
編集済
  工学社のポケコンマシン語入門にPC-1251用逆アセンブラがありました。
PDASとはなっていませんがオリジナルと思います。
山崎 吉広さんの記事です。

マシン語とデーターは&C2B0~C5CFで、basicは本体とニモニック定義用は別々です。
 

投稿内容訂正の件

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月23日(水)08時19分54秒
  honhiroさん、おはようございます。

管理者権限の件、了解致しました。とりあえず、このままでいこうと思います。
いつも、うだうだと勝手なことを書かせていただいて、ありがとうございます。
 

投稿内容の訂正は

 投稿者:honhiro  投稿日:2014年 4月22日(火)08時30分31秒
   ながれ星さん、いつもこの掲示板をご利用いただき、ありがとうございます。
投稿された記事は、たとえ管理者であっても内容の変更は許されていません。出来るのは記事の削除と非表示くらいなので、お申し出下されば、いつでも対応致します。
 

リンク途切れ

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月21日(月)10時09分4秒
  2011/4/24の記事で自作のカセットI/Fをケースに入れた画像をyahoo photoに公開したの
ですがyahooの構成が変更になり、yahooボックスに移行してあるのですがリンクが途切れた
ままでした。記事のリンク先を変更しようとしたのですが自分のシステムも変更があった
らしく記事の訂正が出来ません。リンク切れの質問もありませんので構わない気もしますが
honhiroさん、もしリンク先のURL変更が出来ましたら、この書き込みは削除願います。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-bxechrx66qzj3oz3qtux3nxt6y-1001&uniqid=6c9d88ea-3de3-4575-9062-4a58c55543c3
 

1245 PDAS再

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月21日(月)10時00分36秒
編集済
  1245のPDASのテープが見つからないので再移植しました。
以前のメモを見ながらオリジナルから変更したことをメモっておきます。

1、表示用配列変数はD$(0)*16に
2、システム変更に伴うアドレス、ワークエリヤー、ポインターの変更
3、プログラム上の内部表現コード変更(CAL、LP、,、スペース、16進変換部)
4、読み出しコード2番目以降の表示位置変更、CAL、LP、表示位置変更
5、オペランドのアドレス表示部分は不要(CAL書き込み直後)8の不足部分で使用
6、LP書き込み後のメモリー名オペランドはスペースを空けずに連記(4桁表示)
7、二モニック表示位置変更
8、+、-、表示位置変更(変更コードが入りきらず、削除部分に分割しJR-)
9、ニモニック内部表現コード変更、ニモニック定義basicで全てを再定義

89AA 9A     LP1A
89AB 10C5D0 LIDP
89AE 7889FD CALL
89B1 E140   CAL
89B3 291A  -JRNZ
89B5 2A06  +JRNC

SET、CASE命令は動作を理解できておらず16桁対応は未処理です。
マシン語とニモニックテーブルは飛び地のRAM領域&D000~&D337で使いました。
プリンター出力が目的なら24桁のままも考えられますが16桁印字でも良いかも。
1245は液晶が見難くなり45x45Cmのフロアーヒーター上で温めながら使いました。
いよいよ液晶が駄目かも。もう1245の実機を使っている方はいないかな。

PDASのマシン語とニモニックテーブルは824バイトあります。それにbasicプログラム
が必要です。オリジナルのPC-1245のRAMは2kバイトなので容量は大丈夫でしょうか?
自分の1245はモニターのローダーbasicとPDASのbasicの両方が入った状態で1640バイト
ほど消費しています。PDASのbasicプログラムの約半分がニモニック定義プログラム
なので定義が済めば不要です。容量不足ならbasicは分割する手もありそうです。
エミュレターはメモリー増設可能ですか?。セーブ、ロードは簡単ですか?コピペ?

basicの消費容量を訂正しました。モニターのローダーbasicが1080ほど、PDASの
本体basicが約300、ニモニック定義basicが約260バイトほどと思います。
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月15日(火)10時22分3秒
  メーカー名も生産国も記載のない大陸製と思われる8GBの安いボイスレコーダーを購入
しました。マイク入力だとWAVファイルにしか出来ないようです。MP3の音楽ファイルは
モノラルで再生出来ます。日本語の取説は簡単な説明表だけで操作の詳細は不明です。
自作のインターフェースで1245のモニターローダーbasicのcsaveは約60秒でWAVファイル
容量は1422kBでした。ベリファイは再生音量調整でOKでした。録音クオリティはSP/LPの
2種みたいでSPのHIGHT QUALTYと思われます。WAVの録音時間60秒が容量1422kBなら計算上
ですが8GBはC-60テープが93本分もの容量になります。2GBでも充分だった感じです。

別のソフトで1422kBのWAVファイルをMP3に変換すると、MP3の容量は945kBで67%ほどに
なりました。MP3を再生してベリファイしても再生音量調整でOKでした。電子VR最大が
40のところ30前後の設定です。サンプリングの分解能など詳細は調べてはいませんが、
どうやらMP3が駄目という訳ではなさそうです。可聴周波数の2~3倍でサンプリングの
はずなのでMP3が駄目な理由にはならないのかも知れません。WAVでもファイル管理は
出来るし、容量の問題もなさそうです。MP3はヘッダー部分に情報が入れられるみたい
なので役に立つなら意味があるのかも知れませんね。

1350や1261のテープも何本かあったのですがまだ見つかりません。廃棄されてしまった
のかも知れません。もう何年も使っていないので諦めもつきますが。1245のPDASテープ
もまだ見つかりません。それらしいメモはありましたが詳しくは書いてありません。
1245では配列変数が24桁でも表示は16桁までみたいなのでプログラムは24桁のままでも
良いかも知れません。スペースを詰めたり、相対ジャンプの+、-は12桁目に書かないと
見えませんので、その部分は変更が必要で、それ以降のオペランド、ジャンプ数は表示
しないので必要ないと思います。それなら16桁処理が明解でしょうね。

そういえば24桁のPDASで相対ジャンプは+、-とジャンプ数が表示されましたが、少し
不便でした。ジャンプ先のアドレスを計算しなければなりません。オペランド表示が
4桁あるのでジャンプ先を計算し、絶対アドレス表示の方が便利かと思っていました。
あと、SET、CASE処理がどうなるかは未確認です。
 

PDAS 1245

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月 7日(月)19時00分59秒
  PDASは元々1251用に作られたようで他機種に移植しやすく作られているみたいです。
1440は24桁x1行で、1245の16桁x1行なら桁数変更でいけそうです。1245の文字の内部表現
コードがasciiとは異なるのでコマンド名のデーター部分の変更が必要と思います。1261や
1440は内部表現コードはキャラクターコードと同じなのでasciiですが1245は違います。
データーは各命令毎に3バイトの中に命令のバイト数、相対ジャンプの方向、命令語の
4文字が入っています。basicにニモニック定義プログラムがあるはずなので文字列の変更
も可能と思われます。もし1251用なら1245への変更はほんの少しだったでしょうね。

ブルースの「がらくた」実験室の紹介をありがとうございます。ICレコーダーにMP3やPCM
での録音はうまくなかったようですね。MP3などは圧縮率の問題なのでしょうか?
どうせファイル化するのでパソコンでやっても問題はありませんが、いちいちパソコンを
起動するのも面倒かな。ICレコーダーの方が便利ですね。もし、使えるならお安くなって
いるのでポケコン専用に1台あっても良いかな、なんて思っていました。ファイル化出来
ればメールで送るのも簡単ですね。
 

PDAS 1245

 投稿者:sac  投稿日:2014年 4月 7日(月)11時28分22秒
  PDAS

 ながれ星さんレス&モニタの実機動作確認ありがとうございます。
1245マシン語モニタが実機で動作してよかったです。

 私が使用しているEMU「Pock Emul」は多種多数のポケコンをサポートする高性能品ですが(私はちゃんとした使い方はよく理解していない)、実機で動いた記憶のあるプログラムが動作しないときがごくたまにあるのでちょっぴり心配でした。
例えばPIO 84'01月号の”近 成人”さん作の『DANGEROUS ZONE』が動作しないのです。『DANGEROUS ZONE』は私がやったことのある1245のゲームのなかでも上位に入るもののひとつです。難しかったけれども。
内容は戦闘機シューティングで仮想VRAMが広く16桁×4行くらいのエリア、ドット単位の移動が魅力でした。簡単に言うとゼビウスの空中だけのものです。

[イメージ]
 ↓自機       ↓照準        ↓敵機

  ■■      ■■■■■      ■
■ ■■      ■   ■      ■  ■
■■■■■     ■ ■ ■     ■■■■■
■ ■■      ■   ■      ■  ■
  ■■      ■■■■■      ■

[本文より「遊び方」]おもむろに、CALL&C490としてください。タイトル、スコア、残りの数、面数を表示した後、いきなり自分の戦闘機と照準が現れてここちよい音と共にゲームが始まります。あとはひたすら右端から出てくる敵機を撃ってください。
1~25面までは20機、それ以降は35機撃てば1面クリアで500点加算されます・・・・
本を読むだけでもう一度やりたくなってきます。EMUで動作しないのが非常に残念です。

話はそれましたが、
>逆アセンブラPDASオリジナル掲載のポケコン・マシン語ブックはお持ちでしょうか?
お持ちでしたら変更箇所だけなので可能かも知れませんね。

ポケコンマシン語入門は所有していますが、「ポケコン・マシン語ブック」は残念ながら所有していません。「ポケコン・マシン語ブック」欲しいんですが今現在ではオークションくらいしか手に入れるすべはないようで、なかなかチャンスがありません。
ところが、先日所有のPIOを読んでいましたら、86'7月号に逆アセンブラPDAS(PC-1440)を発見しました。どうやら「ポケコン・マシン語ブック」掲載のオリジナル1261版の移植のようです。このPDAS(1440)を解析して私も1245版PDASを移植してみることにしました。1440は24桁×1行ですので、流れ星さんアイデアを拝借してアドレス(4桁)、空白(1桁)、コード(最大6桁)、空白(1桁)、オペランド(4桁)でやってみようと思います。

[ADD] [CODE] [OP]
C400  10F800  LIDP

16桁に逆アセンブラを収めるとは流れ星さん流石です。
ぼちぼちと移植しようと思います。

カセットデッキ等の駆動用ゴムベルトですが、私はネットで知った"バンコード"で必要な長さ(周)を作って使ってました。断面が丸い形状なのでどれにも合うとは限りませんが、現在使用しているSONYの古いCDデッキ(CDP-333ESD)のトレイ開閉用のベルトに使ってます。
ポケコンのデータはパソコンに音声データとして保存されている方もいるようです。音声データはKB数が大きくなりますが、現在のパソコンのハードディスク量は膨大なので大丈夫でしょう。
参考HP 『ブルースの「がらくた」実験室 SHARP PC-1500/PC-1501』の"プログラムはカセットテープに保存する?" http://bluess.style.coocan.jp/computer/pc1500.htm
では。
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月 7日(月)07時32分26秒
編集済
  自分のPC-1245は暖めるとLCDの黒いのはなくなりますが、電源ONで左側のキャラクター
部分が黒っぽくなり、表示されたキャラクターが判別し難くなっています。コントラスト
VRでは改善しません。いよいよ駄目なのかも知れません。

リロケータブルの件ですが&D5D0からに入れてみましたが正常に動作してフリーズも改善
されています。大丈夫みたいです。

アイワのTP-710というハンディテレコが出てきましたが、耳を当てるとモーター音はする
のですがテープは回りません。確かハード・オフで\105ジャンクを確保しておいた物。
基板を取り外すためリード線のはんだ付けを外して分解すると、内部にゴムベルトの破片
が残っていました。角ベルトで0.6mm程度と思われます。プーリーの位置からベルト長さ
を計算すると235mm程度なので、伸びを5%程度とするとベルト長さは220mm程度か。秋葉原
の千石で近いサイズの0.95角xΦ70が¥155。ベルトが少し太い感じですが交換して音楽
テープの再生は出来ています。

もうカセットテレコ自体が無くなりそうです。ポケコン時代のプログラムは今のうちに
変換しておかないとテレコだけでなくメディアの寿命もあるかも知れません。
ICレコーダーなどに保存するとして保存ファイル形式のお勧めはありますか?
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月 4日(金)23時25分3秒
  sacさん、こんばんは。

カセットとテレコが見つからないのでローダーbasicを入力しました。2箇所のdataは
あらかじめ変更して入力しました。例のアドレスでフリーズはしなくなりました。

ありがとうございました。原因は何だったのでしょう?
プログラムはリロケータブルとありますが大丈夫でしょうか?
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2014年 4月 3日(木)16時32分52秒
  sacさん、こんにちは。

エミレータでもまだポケコンを使っている方が居らしてうれしい限りです。
自分のPC-1245も通常は画面半分が真っ黒ですが、胸ポケットなどに入れて本体を
暖めると正常に画面表示します。

マシン語モニターの解析と改造をありがとうございます。2箇所のポインターを変更
するだけですか!!。自分の1245は電池が抜いてありました。データーがカセットに
出したと思いますがカセットもテレコも見当たりません。今度見つけてやってみます。
その時はまた報告します。

逆アセンブラPDASオリジナル掲載のポケコン・マシン語ブックはお持ちでしょうか?
お持ちでしたら変更箇所だけなので可能かも知れませんね。昔のポケコンのソフトで
雑誌掲載で公開されたものなどの版権はどうなるのでしょうね。作者か雑誌社か。
あまり追求しないでおきます。

移植した時のメモなどが何処かにあるはずです。基本的なソフトはそのままで、
システム上のアドレスの違いや24/16桁の違いを変更しただけです。マシン語で
basicの変数エリヤーに書き込んでbasic表示なのでプリンター出力も可能です。
 

PC-1245マシン語モニタ

 投稿者:sac  投稿日:2014年 3月28日(金)11時58分18秒
  ずいぶん前の話題ですいません。
最近、SC61860系のポケコンに興味を持ちNETをさまよっている者です。
2011年1月2日、1月6日づけの「ながれ星」さんの記事で

>Pioスペシャル2のATARUさん作のマシン語モニター(ローダーbasic)を打ち込んでみました。4バイト毎表示のマシン語モニターをはじめて使いました。
>マシン語モニターはリロケータブルなのでD5D0hからに入れて使えました。合計で20kBが使えるようです。

>モニター自身のスタートアドレスC5D0からモニターし、4バイトづつアップしていくとC61Chでどのキーも利かなくなるのでリセットしかありません。試しにC640hからダウン方向にモニターするとC624Hで止まります。次の表示アドレスがC620hでなるのかも。
で、モニターアドレスをC620hで起動すると何も表示せずに即フリーズでした。

私も「Pioスペシャル2のATARUさん作のマシン語モニター」を入力したところ上記記事のような状態になりました。
ただし、残念ながら実機ではなくEMUにてですが。実機はLCDが真っ黒、黒すけです。

そこでこの掲示板内で流れ星さんが紹介されていたSC61860用逆アセンブラを用いてソースを覗いて、こまごまといじっていたら何とかフリーズせずに動作するようになりました。(自分で確認した範囲だけですEMUにて)

ATARUさん作のPC-1245用マシン語モニタはシンプルで1245モニタとしては最高級の作品だと感じております。なんといっても16桁表示の1245で、8バイトのチェックSUM機能搭載、これは他のモニタにはありませんぜっ、旦那!てな感じです。

1245を使用しない方にはわかりにくいですが、16桁でのマシン語モニタ表示はアドレス(4桁)+区切(1桁)+データ領域4バイト(8桁)+区切(1桁)+チェックSUM(2桁)となります。(PC-1251・1255は24桁なので8バイトを1度に表示可能)

【ATARUさん作 マシン語モニタ1245 修正リスト】

C5D0 :  10 C6 B1 84 1A 04 F2 05 :  20
C5D8 :  F7 37 13 28 9C 0A F8 99 :  A0
C5E0 :  84 59 64 03 82 C4 74 B5 :  B3
C5E8 :  10 C6 EA 52 03 C7 02 C1 :  9F  ;C5EFのC1→"D1"に変更
C5F0 :  F1 EE 13 1C 82 0A 64 FC :  FA
C5F8 :  F1 E9 DA 82 07 1B 06 05 :  63
C600 :  02 03 34 24 26 2F 03 84 :  39
C608 :  60 F8 02 07 34 03 00 05 :  9D
C610 :  24 83 44 2F 04 DA 26 03 :  21
C618 :  C7 02 BF F1 E9 02 AF F1 :  04  ;C61AのBF→"CF"に変更
C620 :  EE 02 06 34 02 01 34 86 :  E7
C628 :  63 B3 28 06 02 11 26 2D :  AA
C630 :  09 63 BC 28 05 02 1D 2D :  A1
C638 :  0A 24 DA 02 00 83 00 01 :  8E
C640 :  1D 74 40 67 4A 3A 03 74 :  33
C648 :  07 26 2F 10 2F 29 F1 AF :  64
C650 :  FD 0D 67 00 28 02 37 F8 :  CA
C658 :  99 75 0F 38 15 42 38 10 :  F4
C660 :  42 38 0A 42 28 12 03 00 :  03
C668 :  02 08 84 15 04 04 04 04 :  B3
C670 :  04 05 F2 00 D1 2D 98 75 :  06
C678 :  34 67 0A 3A 03 75 07 D1 :  2F
C680 :  10 C6 EA D6 01 F8 99 05 :  2D
C688 :  04 38 07 D0 D4 0F 58 2C :  7A
C690 :  03 D4 F0 DA 57 83 47 DA :  9C
C698 :  52 3B BC 2D 2D 00 00 00 :  A3

;C5E8行、C618行のSUMは当然変わります。

まだまだPC-1245を使っているみなさん、流れ星さん、ためしてみてください。

また、2011年2月4日付の流れ星さんの記事「PC-1245逆アセンブラ」とっても興味がありますどこかで公開していただけたらとてもうれしいです。

SC61860初心者ですが、今後ともよろしくお願いします。

尚、1245マシン語モニタについて版権等により問題があるようでしたら、お手数ですが削除願います管理人さん。
 

Thanks

 投稿者:honhiro  投稿日:2013年 7月28日(日)20時12分6秒
  Thank you very much.  

PC-G850クロックアップ

 投稿者:ながれ星  投稿日:2013年 7月 8日(月)11時15分5秒
  4倍速は凄いですね。処理速度はポケコン最強でしょうね。
昔は3~5割アップでメモリーや周辺デバイスがネックでしたが
最近はクロックに関しては充分なマージンがあるようですね。
 

PC-G850Vのクロックアップ

 投稿者:keito  投稿日:2013年 6月29日(土)18時25分11秒
  前回の投稿では倍速でしたが、今回は4倍速へのアップが成功したので、投稿させていただきます。オリジナルの8MHzセラミック発振子(3端子)を32MHzに取り換えるだけです。32MHzのセラミック発振子は秋月電子で購入できます。全てが4倍速で正常に機能します。パソコンとの通信では、ポケコン側のボーレートを2400、パソコン側を9600とすることで、正常に通信できます。なお、筐体の剛性が高いため、これを開けるのは結構苦労します。  

PC-1255メモリー不良の原因

 投稿者:keito  投稿日:2013年 4月14日(日)17時00分10秒
  約2年半前にメモリー不良で投稿し、最近、原因を確定できたので再投稿します。
PC-1251の4KBメモリーを取り付けて、PC-1255が正常動作することが確認できました。PC-1255のオリジナルメモリー(10KB)の故障が原因となります。なお、PC-1251の液晶が真っ黒なので、PC-1251側での確認はできませんでした。
PC-1255のメモリーが半分以下になりましたが、機能は復活して一安心です。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月19日(月)09時45分11秒
  FX-700P(PB-100含む)のキャラクターは途中抜けてはいますが&h00~&h7Fが使われ、
basicコードは&h80~&hCFあたりが使われるようです。PB-410のキャラクターは同じと
思われますが、basicは多少変化しているようです。さらにインターフェース制御用に
6ビットのコードも使われるような記述です。

自分の想像ですが、EEPROMに記録の場合はカセットインターフェースと同じ動作のため
&h1F以下の制御コードでも、位置が明確なら6ビットコードでもEEPROMに記録し、再生
すれば良いわけです。

PF-12プリンターのキャラクターはポケコンと同じ&h00~&h7Fが使われるようです。
ポケコンからPF-12プリンターに印字させるとインターフェースにはキャラクターで
出力されるので、そこのキャラクターをascii変換してシリアルに出し、PCで受信し
てテキストファイルになればPF-12を持っていなくてもPCから印刷できるのではと。

但し、ゲームなどでとても有効だったcasio専用のキャラクターはPCでは持っていない
と思うので外字などを使うことになるのかな。英語圏にも外字はあるのかな。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 8日(木)11時53分51秒
  いい加減なことを書いたので削除しました。申し訳ありません。

casioキャラクターだけascii変換しているのかと思ったのですがbasicコードと合計で
1バイトでは足りなくなるので、basicコードもascii変換が必要になりそうです。
そうだとするとハイパーターミナルの画面が乱れるのは何か原因がありそうです。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 8日(木)09時18分19秒
  ハイパーターミナルで Ver27を実行して SAVE すると
 ターミナルに なにやら 文字列が表示されます
  ただ プログラムリスト状ではなくて
   16進を含む意味不明の文字列が幅一杯で折り返し表示されるのと
   00が埋め尽くされた10行ほどの塊が表示されます

SAVE ALLですと また違う内容なので
 プログラムは反応しているみたいなんです・・・
  コードが違うだけなら
    筆算で 何が表示しているか診てみます。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 8日(木)06時42分5秒
  たつみさん、おはようございます。

ハイパーターミナルは画面表示しないだけで、データーは受け取っているの
かも知れませんね。受信ファイルをセーブしてテキストエディターで開いて
みると何か判るのかも知れません。ファイル容量がそれなりなら受信したと
思われるので、テキストエディターが駄目ならバイナリエディターで。

Ver.27でプログラムの入っているPB-410からSAVE ALLでハイパーターミナル
画面に何も表示されないのでしょうか?。ボーレートやパリティも合わせ、
通信ケーブルはクロスケーブルで、インターフェース回路も正常なら何かは
表示されそうな気がします。

PB-410が正常にSAVE終了すれば、ポケコンとインターフェースは正常と考え
られます。PB-410でFA-3が使えるなら互換はあると思います。

AVR内にSWを押すとascii文字を送出するようなプログラムを書いておき、
ハイパーターミナル画面の表示で動作確認が出来ると良かったですね。

大震災、大変でしたね。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 7日(水)21時27分16秒
  basicコードと ASCⅡコード の違いは理解しました。・・・・
 再現のページではFX-700P FX-730P 対象ですが
  当方のシステムは PB-410です。
   この三種はインターフェイスが FA-3 で共通に使えるので
自己判断で このサイトのシステムも使えると踏んで
 再現してみたのでした・・・・
  別途に PB-700で Ver27と限りなく同じものが 紹介もされているので
   そのプログラムでも 実行しては見たのですが・・・
 前述の basicコードが 関係しているのでしょうか???
   ポケコン本体の仕様 がちがっているっていうことでしょうか??
     ここらあたりの深みに来ますと 私の知力では おぼれそうです・・・

蛇足: 今日は別件の工作(修理)がやっとこさ 解決しました。
   例の3.11で落下物に当たって壊れたのを 写るんですのジャンクが手に入ったので
   部品を流用し修理しました。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 7日(水)13時51分7秒
  たつみさん、こんにちは。

FX-700Pのbasicでは例えば"PRINT"という命令は内部では1バイトの&hA6で記述されますが
LCD表示やプリント出力ではPRINTの5バイトの文字列になります。
FX-700Pで表示はcasioキャラクターの5バイトですがシリアルで外部に出すにはascii文字
で出さないと他のPCで読めません。後発のシリアル対応のポケコンではテキストエリアが
あり、プログラムを一気に内部コードからasciiに変換したり、内部basicコードに変換
してプログラムエリアに格納します。CPU能力がうんとあって変換しながら通信できれば
専用のテキストエリアは不要だったと思います。
FX-700Pのbasicコードや文字コードはpiotrさんの資料にありました。

12Cというのは多分、インターフェースとFX-700Pを接続する12ピンのコネクターの事かと
思っていました。ここに接続するFA-3カセットI/Fやら、PF-12プリンターをあたかも接続
しているような振りをしながら代わりのこともAVRにやらせているのかと。ポケコンは
それらが接続されているものとして動作を続けるのかなあと。

最近のパソコンは通信用シリアルポートもプリンタ用パラレルポートも無くなりました。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 7日(水)12時11分44秒
  basicコードと ASCⅡコードの関係が理解できてないので 良く判りません
Ver27では シリアルポートでパソコンと通信して
I2Cでプリンター?に出力しているのだと想います。
別掲のパラレルボードで パラレルポートと 通信できて??
 ただし昨今のパソコンは プリンターポートを自由に使えない環境になっているようです

  表現がピンボケかもしれないです・・・・自身ありません

 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 7日(水)09時51分23秒
編集済
  たつみさん、こんにちは。

casioキャラクターをascii変換はしていますね。basicコードのascii変換は見当たりません。
ハイパーターミナルの受信ファイルを調べる必要がありそうです。

プリンター?へ出力というのはAVRが出力するのでしょうか?
回路図ではD-SUB/9Pのシリアルポートしか無いようです。
自分はFX-700Pから仮想のFP-12へ印字出力すると思いました。

 

casioのカセットI/F

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 7日(水)05時00分42秒
  Ver.27 はEEPROMに書き込む仕事を「パソコンへのファイルの移動」をしているようです
ですから 記憶装置は要らない勘定です。そして Ver.25でターミナルアダプターに出力していた分が 直接プリンター?へ出力しているようなんです。動作の確認が出来ないので 間違っているかもしれません。
何分古いポケコンと古い付加装置ですから 双方向。エディットまでは想定してないのでしょう、正規品のインターフェイスと同じ機能が再現できれば よれで良いという発想です。
キャラクター・ASCⅡ以外の門司は”~”と言う表示になる  って記述があったはずなんですが 見つからなくなりました。別のサイトの記述だったでしょかね~??
カシオのコードと ASCⅡの変換はプログラム内で対応しているようです。
シリアルに出力する分と プリンター?へ出力する分と 二系統を使い分けているようです。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 6日(火)19時34分37秒
  たつみさん、こんばんは。

Ver.25がEEPROMに単独のプログラムのロード・セーブが出来て
Ver.27はEEPROMはサポートされず、PCとシリアル通信のようですね。

PCとシリアルで送受信が出来て、PC上でエディットできると便利ですが、
PB100のキャラクターの扱いや、ascii文字以外の制御コマンドなどが
そのまま含まれているとハイパーターミナルではどうするのでしょう?

basicコマンドはシリアルに出すのにascii文字に変換して出すのでしょうか?
プリンター出力ならascii出力と思われるのでプリント出力コマンドで出すと
シリアルにasciiで出るのかな。そうだとシリアルは片方向だけになってしまう。
 

(無題)

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 5日(月)14時03分28秒
編集済
  こんにちは ながれ星さん。
返事の書き込みがあるとは 期待はしていなかったのですが 反応があってうれしいです。当方は 公開するような体制派取れていませんので ご規定には沿いかねます。
ただ作成上の知りえたものは ここで書き溜めます。
Ver.25 は ポケコンからの一制御だけなので セーブで 指定したプログラムエリアだけをセーブできる。ロードは その時書き込んだプログラムだけセーブできるようで。一挙動ですから 2挙動に分けると上書きされて今羽陽です。当方は SAVE ALLで検証しました。Ver27は Ver25のEEPROM の変わりに パソコンに通信でき パラレルポートで 直接プリンターに出力するようなのですが・・・動作確認が旨く出来ない状況です。
 ソースの解読は理解が難しくて難儀してます。英語の説明書は ニフティーの翻訳機能丸投げで 日本語になっていれば何とか 意味は通じました。 まだ もう少し 試してみたいので 何かわかりましたら投稿します。 
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2012年11月 5日(月)13時40分20秒
  たつみさん、こんにちは。

インターフェースを作ってFX-700PとPC間で通信が出来るんですね。
すばらしいです。ぜひ、ページの公開をお願いしたいです。

自分の方は全然できていません。今後も無理と思います。

Ver25はシリアルEEPROMを搭載して、Ver27はEEPROMを搭載しないというか
EEPROMが外付けタイプなのかも知れませんね。

元々、EEPROMがカセットテープの代わりなら、複数のプログラムセーブが可能なのか?
管理はどうするのかが疑問でした。EEPROM1個に1プログラムと考えるとEEPROMを外付け
にしておき、プログラム数だけEEPROMを用意して、ラベルでも貼っておけば、どれが
どれかは判るのでEEPROMをゼロプレッシャーソケット化などするのかも知れませんね。

EEPROMが必須だとするとAVRのソースはひとつでも良さそうですが、それぞれにある理由が
自分には理解できません。AVRソースを読み解ければ何かわかるかも知れませんが、自分は
まるで駄目です。何時かはと思ってPICもAVRも準備したのですが時間だけ過ぎました。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:たつみ  投稿日:2012年11月 2日(金)15時19分52秒
  ながれ星さん
 掲示板の作法が判りませんので 失礼があればごめんなさい。
 かなり古い所き込みにヒットしましたので 投稿します。
  当方も FX-700Pのインターフェイスのページを作成したのですが
 プログラムにVer25 Ver27 があって Ver25の動作は確認したのですが
  Ver27がNGです、多分当方の使い方の問題だろうと想うのですが
  なにか 情報をお持ちですか??
 Ver25と同じに SEVE LIST RUNで ハイパーターミナルに 表示はしないんでしょうか??

 

(無題)

 投稿者:mamo  投稿日:2011年12月10日(土)10時56分22秒
  ながれ星さん、詳細ありがとうございます。
大変良くわかりました。
感謝いたします。
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年12月 9日(金)19時29分0秒
編集済
  PC-1262のRAM構成は1261の2kB5枚とは違って8kBの6264を1枚と2kBの6216が1枚でしたか。
そうするとデコードは1260と同じHC00で十分ですね。

1260のデコード回路はHC00のNANDでF04を反転させてA13とNANDして/CEHを作り&6000~&7FFFの
RAM選択を作り、同じくNANDで反転したA13と先に反転したF04をNANDした/CELで&4000~&5FFFの
RAM選択を作り2kBの6216の/CEにしてそれぞれのRAMは相当のアドレス線を接続します。
するとイメージは出ますが&5800~&5FFFの2kBと&6000~&67FFの2kB合計4kBなわけです。
それぞれ2kBを8kBのRAMにして相当のアドレス線にすれば&4000~&7FFFの16kBが使え、
1262は下側の2kBを8kBにして相当のアドレス線にして10kBだと思われます。

32kBの62256を使う場合は16kBx2のバンク切り替えにします。/CEはCPUの62ピンのF04をそのまま
使えるわけですがRAMのA14を切り替えスイッチなどでH/Lに切り替えます。

PC-1260の回路図ではF04はHC00の12、13ピンで、A13はHC00の1、2ピンです。
一部修正しました。
 

(無題)

 投稿者:mamo  投稿日:2011年12月 9日(金)16時16分33秒
  ながれ星さん、何度もすみません。
1262 のデコーダは HC00 の様ですが、同様に C が A13、G が /CE と見てよいのでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:mamo  投稿日:2011年12月 9日(金)13時07分55秒
  ながれ星さん、
何とかがんばってみようと思います。
ありがとうございました m(_ _)m
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年12月 9日(金)09時16分41秒
  補足です。
デコードICのHC128FはHC138Fの間違いでした。
PC-126XのRAMエリヤーはF04がRAMの/CEに割り当ててあるようでその場合はA14を使っても
16kBしか認識できないと思われます。後半16KBのアドレスは外ROMと重なると思います。
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年12月 8日(木)22時59分30秒
  A13はデコードICのHC128FのC(3P)だったと思いますがメモリーボード上だったかが
定かではありません。ROMがメモリーボード上に搭載されていればA13もA14もROMに
ありますがメモリーボード搭載だったかな。自分が16kbx2にしたのはHC138のGに
来ているF04を32kbのS-RAMの/CEにそのまま使った記憶です。PC-1261の回路図に
よるとROMはQFPの54ピンみたいで、A13は25ピンでA14は26ピンでGNDが27ピンの
ようです。32kBのS-RAMのA13はA13でA14はH/L切り替えで16kBx2だった記憶です。
 

PC1262 の SRAM

 投稿者:mamo  投稿日:2011年12月 7日(水)13時35分36秒
  PC1262 の SRAM を 32kbytes のものに張り替えようと考えています。
そこで質問なのですが、/CE と A14 は何とかなるとして、A13 はどこから持って来たらよいのでしょうか?
ご存知からいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか?
よろしくお願いします。
 

復旧いたしました。

 投稿者:honhiro  投稿日:2011年10月19日(水)19時10分4秒
  ご迷惑をお掛けいたしました。
何とか復旧できましたのでご報告いたします。

アクセスしていただいた方々には、大変申し訳なく思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

 

help me

 投稿者:  投稿日:2011年 9月30日(金)12時54分22秒
  ポケコン復活のbasicプログラムを教えてください。
DMにも送信しますので、返信願います。
 

casioのカセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 3月 4日(金)18時10分26秒
  以前から気になっていましたがpiotrさんのところにFX-700用の自作インターフェースがあります。
英語なのでよくは分からないのですが、後ろの12Pに挿してカセットI/FのFA-3やプリンターI/Fの
FP-12Sの代わりの動作をしてデーターをオンボードのシリアルEEPROMに落とせ、パソコンとRS-232C
で通信も出来るみたいな感じ。自分の感じであり定かではありません。チャレンジするつもりで
AVRマイコンは秋月で入手済みですが、もうかなり時間も経ってしまい完成できるか疑問です。
URLはhttp://www.pisi.com.pl/piotr433/tape.htm
 

casioのカセットI/Fは

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 3月 3日(木)01時06分14秒
  SHARPのカセットI/Fはオーディオ信号なので自作も容易なのですが、CASIOのはカセットI/Fに
マイコンが使われており、本体とはシリアル通信でカセットデーターにはカセット全盛のころ
のカンサスシティー・スタンダードとかいう規格らしい。そういえば札幌市規格なんてのも
あったような記憶です。

PB-100とのシリアル信号とアルゴリズムが解析できてワンチップマイコンなどで自作できると
良いのですが自分にはとても無理です。PICやAVRならカセットよりRS232Cでしょうね。

ポケコンのデーター量は知れたものなのでプログラムの手打ちもさほど苦にはならず
どうせ今更作っても使わないのでジタバタするまでもありません。
 

シャーペンケースI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 3月 2日(水)23時10分26秒
  確か三菱のUNIとかの古いシャーペンの芯ケースにカセットI/Fを入れました。
フィルムコンデンサー0.047μFが内蔵できて抵抗値は以前と変わっていますが
大意はありません。手持ちで小型の抵抗を使っただけです。
ユニバーサル基板に11Pヘッダーピンやパーツを平面はんだ付けしてM2のネジで
ケースに固定です。プラグケーブルは百円ショップのステレオ用延長ケーブルを
2分割してモノラル使用です。ケースにケーブルの通るぴったりの穴をあけています。
大きさはfriskケースの半分以下でケースの内容積計算で体積は1/4でした。

7-(49k)-+-(0.047μ)---------+----カセットのマイク
        |                  |
        +-(0.047μ)-+-(680)-+  +-カセットのGND
                   |          |
2------------------+-----+----+
                         |
6-(49k)-(0.047μ)-+-(680)-+------カセットのGND
                 |
1-------(0.047μ)-+--------------カセットのイヤフォン

画像はyahooフォトに追加しました。
 

friskケース画像公開

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 2月24日(木)12時10分22秒
  カセットI/Fをfriskのケースに入れた画像をyahooのフォトに公開しました。
抵抗値のカラーコードを良く見たら56kΩではなく68kΩでした。560Ωは正しかったです。
3.5mmプラグケーブルはパソコンモニター付属のステレオタイプを2分割しモノラルで使用。
基板はユニバーサル基板ではなく適当なものでヘッダーピン11P全部ではなく、内4ピンだけを
はんだ付けしています。パーツも基板には一部だけはんだ付けで部品同士をはんだ付けです。
このコンデンサーは古いので大きいですが、0.022μFを使ってシャーペンケースに入れるのも
作ってみる予定。半分くらいの大きさになりそう。

URLは
http://photos.yahoo.co.jp/ph/fallingstartip/lst?.dir=/cddf&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/
 

カセットI/Fケース

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 2月22日(火)22時47分3秒
  自作カセットI/Fのケースに丁度良いのはFRISKのケースで、長さと厚みはPC-1245にぴったりです。
ユニバーサル基板をFRISKのケース内に入る寸法に切断し11Pのヘッダーピンを面はんだ付けして
部品も面はんだ付けします。ヘッダーピン位置はケースとポケコンがぴったり合う位置にします。
ヘッダーピンが出る部分にケースの切欠きが必要です。カッターナイフやニッパーなのでケース本体
とカバーをヘッダーピンに合わせて切欠きます。フタがパチンとはまるようにケースの向きを
決めます。ケースの中央に出っ張りがありますが、彫刻刀でフラットに削りました。出来れば
基板はケースにネジ止めが良いですが加工が出来なければダブルフェースやエポキシ接着でも
良いでしょう。3.5mmプラグケーブルの出る部分も適当な位置に穴や切欠きが必要です。

回路の説明をしておきます。
録音側は56kΩと0.047μFでハイカット、0.047μFと560Ωでローカットのフィルターで
全体で約1/100にレベルダウンして低インピーダンスのマイク入力にマッチングのつもりです。
抵抗やコンデンサーは適当に手持ちのを使いました。できるだけ数も種類も減らすことを考え
コンデンサーは1種4個、抵抗は2種4個だけにしました。どうせ精密なものではありませんので
その前後の値の手持ち品でも大丈夫と思います。

抵抗4個とコンデンサーが4個とヘッダーピンとユニバーサル基板と両端3.5mmプラグケーブル
(ステレオ用でも可)を2分割で足りますので新品購入でも数百円程度かと思います。

ネットにあるE500などでは直結でもいけるようですが、カセットの録音がマイク入力だと規格電圧
レベルは数mVなのでCPU出力では電圧が違い過ぎると思われます。でもCPUはC-MOS構造で出力インピー
ダンスはかなり高く、カセットのマイク入力インピーダンスはかなり低いので、直結すると出力電圧が
分圧されて丁度良くなるのかも知れません。再生側のCPU入力インピーダンスもうんと高いと思うので
再生側の56kΩは無くても同じです。直流カット用のコンデンサーだけあればOKと思います。
 

CE-125S

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 2月21日(月)20時00分9秒
  オークションで入手したポケコンについていたCE-125Sがあります。AC電源は無かったのですが
5V2Aのスイッチング電源が余っていたので極性をセンターマイナスに変えてつないでみました。

数時間充電したのですが充電電池電圧は4.4V程度にしかならずプリンターは動きません。そのうち
LOW BATTERYのLEDが点灯します。AC電源が定圧5Vでは十分な充電が出来ないのかも知れません。
あるいはプリンターが故障しているのかも知れません。

カセットは再生も巻き戻しも早送りも動くようですがマイクロカセットがありません。
大型家電ショップで何とか入手したのですが、もう入荷予定はないとか。以前は百円ショップにも
あったような記憶ですが現在は置いてありません。そのうちカセットテープも無くなりそうです。

分解した時に線が切れたので、はんだ付けをしたのですが半田が解けるのにも時間が掛かり
解けてもボソボソと崩れて付かず、半田が腐ってました。半田は腐らないので酸化でした。
 

PC-1245自作カセットI/F

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 2月19日(土)10時20分3秒
  PC-1245のカセット録音、再生を直結でやってみました。録音はピー、ギャーと録音されて
いるようですが再生がうまくいきませんでした。ジャンク基板から外した手持ちのCRで
おまじないの回路でやってみました。録音はVRがないのでそのまま、再生時のVRは
6前後でうまくいっています。テレコはハンディタイプのAIWA TP-510です。
古いせいか消去が不完全で使用済みテープに上書きすると前の音が少し残ります。

あとで何のプログラムかが分かるように内容を内蔵マイクで音声記録後にマイクプラグを
挿してデーターを録音しています。イヤフォン信号をコンデンサーで1ピンに入れるのは
再生音が内蔵のブザーで聞けて便利なためです。

7-(56k)-+-(0.047μ)---------+----カセットのマイク
        |                  |
        +-(0.047μ)-+-(560)-+  +-カセットのGND
                   |          |
2------------------+-----+----+
                         |
6-(56k)-(0.047μ)-+-(560)-+------カセットのGND
                 |
1-------(0.047μ)-+--------------カセットのイヤフォン

オリジナルにはサージ対策なのかダイオードなども入っています。
時作品を接続するのはメーカーの指定外の使い方になり、全て自己責任です。
 

PC-1245逆アセンブラ

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 2月 4日(金)23時27分43秒
  ポケコン・マシン語ブック掲載の万年寝太郎の圭介さんのPC-1261用逆アセンブラ
PDASをPC-1245に移植して内部ROMも解析できるようになりました。記事にはマップや
フローチャートや逆アセンブルリストが掲載されているので何とか移植ができました。
キャラクターの内部表現コードも異なるので変更し、やはり16桁表示なのでオリジナルの
ようにはいかずにオペランドのアドレス表示は無しです。
オペランドのアドレスはコードを見れば判るはずと、こんな表示です。

89AA 82     LP
89AB 10C5D0 LIDP
89AE 7889FD CALL
89B1 E140   CAL
89B3 291A  -JRNZ
89B5 2A06  +JRNC

先のマシン語モニターでは内部ROMは見れなかったですがPDASは内部ROMも見られます。
液晶が駄目になるまでは使ってみます。
 

(無題)

 投稿者:カビカビ  投稿日:2011年 1月27日(木)02時04分33秒
  流れ星さん、カビカビです。

詳細な情報、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 1月24日(月)12時52分11秒
  カビカビさん、こんにちは。

オリジナルのインターフェース回路にはクランプダイオードやCRが入っています。
まあ、ほぼ信号レベルが合っていれば録音、再生は可能と思います。

一応PC-1245の11ピンコネクターです。

1、LS1(ブザーへ)
2、GND(+6V)
3、VGG(0V)
4、FO1(BUSY)
5、FO2(Dout)
6、Xin(カセット入力)
7、Xout(カセット出力)
8、IB8(Din)
9、IB7(ACK)
10、IB6(SEL2)
11、IB5(SEL1)

IB8と7はCPUの入力でFO1、2とIB6と5はCPUの出力です。
マシン語で操作すれば入出力として使えます。
CPUはプラスコモンなのでGNDが+6Vなので注意してください。

カセット入出力も専用のマシン語命令があったと思います。
昔、MSXのカセット信号で出したことがありました。
 

(無題)

 投稿者:カビカビ  投稿日:2011年 1月23日(日)20時00分4秒
  流れ星さん、カビカビです。
E500のサイトのピンアサインが参考になりました。ひとまず、単なる接続コードを製作して試したところ、CLOADは成功しました。同じサイトにインタフェースの製作記事があるのでそれも試してみようと考えています。
 

ポケコン修理

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 1月23日(日)18時44分48秒
  フクチャンさん、こんばんは。

製造責任の部品保有期間はとっくに過ぎていると思うので液晶の修理は難しそうですね。

自分のPC-1245も気温が下がると黒くなります。そのうち常時真っ黒になるのでしょう。
PC-126Xの4台のうち1台だけ、まだ文字は大丈夫ですがLCDの左端部分が黒くなっています。
PC-126Xも同様な病気持ちかも知れません。

液晶漏れということは密閉性の劣化で液晶液が漏れて減ってしまい黒くなるのでしょうね。
補給口など有るはずもなく補給もできないし、接着構造だと密閉性の補修も無理そうです。
 

ポケコン修理

 投稿者:フクチャンメール  投稿日:2011年 1月21日(金)23時39分6秒
  シャープのポケコンPC-1245とPC-1251の2台の画面を液晶漏れで駄目にしてしまいました。
もう、修理は無理ですよね?
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 1月21日(金)17時27分20秒
  インターネットで検索するといくつかの記事があるようです。
E500とか新しい機種が対象ですが、11PコネクターのカセットインターフェースやプリンターI/Fは昔から互換が保たれていると思います。1245でもそのまま使えそうです。
 

PC-1245の側面コネクタのピンアサイン

 投稿者:カビカビ  投稿日:2011年 1月21日(金)03時52分15秒
  カセットインタフェースを製作しようと考えているのですが、側面コネクタのピンアサインをご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?  

ありがとうございます

 投稿者:ポルンガ  投稿日:2011年 1月12日(水)00時46分32秒
  honhiroさんありがとうございます
約10年ほど前のものなので見つかるかは微妙ですが頑張って探してみます

CAF形式なら使えると聞いたのですがその形式に変換はできるのでしょうか?
 

本体だけでは・・・

 投稿者:honhiro  投稿日:2011年 1月 9日(日)18時39分45秒
  ポルンガさん、はじめまして。

PDAは、基本的にPCを母艦として、プログラムのインストール等を行うようになっています。
このCASIO E-700も例外ではなく、母艦を必要とします。

私は一時期、CASIO E-700を使ってPV等を楽しんでいました。動画データはSDカードへパソコンから書き込んで、ソフトは「TCPMP」という素晴らしいフリーソフトがありましたので、それを使用しました。
ただし、用意する動画データは、ビットレートを落とし、音声もモノラルで、表示も192×144程度の「.mpg」ファイルでないとCPU能力の関係でスムーズに再生出来なかったと思います。「.avi」ファイルは満足に再生出来ませんでした。

これからE-700を色々と楽しむためには、たくさんのフリーソフト等をインストールしたりする必要があるため、PCとの接続環境を整える事が先決だと思います。(出来ればマニュアルも)
その当時のPDAでは、一番のお気に入りでしたが、今では使い方も忘れてしまいました。
 

はじめまして

 投稿者:ポルンガ  投稿日:2011年 1月 9日(日)01時56分18秒
  CASIOのE-700を中古で買ったのですが、充電器と本体のみだったのでPCと接続ができません(汗)
音楽メモリーカードから何とか入れられたのですが動画と画像を入れるのは不可なのでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:ながれ星  投稿日:2011年 1月 6日(木)23時14分39秒
  PC-1245はbasicの行番号は999までしか使えませんでした。18kBに増設して使い切るには隙間無く999行としても
1行あたり約18バイトになり、そのつもりで作れば問題はなさそうですが、通常の10飛びだと100行までなので
18kBは使いきれそうにありません。

マシン語モニターで見ていたら不思議なことにD000hからD7FFhの2kBだけRAMとして使えました。
モニターで書き込んだ値になっていて、他のRAMのイメージではないようです。ここだけがなぜかは不明です。
マシン語モニターはリロケータブルなのでD5D0hからに入れて使えました。合計で20kBが使えるようです。

PC-1245改造のせいかも知れませんが、マシン語モニターでキー入力を受け付けずフリーズする場合があります。
モニター自身のスタートアドレスC5D0からモニターし、4バイトづつアップしていくとC61Chでどのキーも利かなく
なるのでリセットしかありません。試しにC640hからダウン方向にモニターするとC624Hで止まります。次の表示
アドレスがC620hでなるのかも。で、モニターアドレスをC620hで起動すると何も表示せずに即フリーズでした。

他にも幾つかフリーズするモニターアドレスがあり、再現するので理由がありそうです。
 

レンタル掲示板
/3