teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:ディルクのアブドゥラティフとザラ

 投稿者:TANIDA  投稿日:2012年 8月12日(日)01時59分32秒
  Chiakiさま、大変失礼いたしました。書き込みいただいて1カ月もたってからお返事です。
もう、この掲示板を開いていただいていないかもしれませんが・・・。本当にすみませんでした。
私もディルクには行ったことがあります。ビルマから北上して行きました。砂漠が海だとすれば、ビルマやディルクは海に浮かぶ島のようなところだと思いました。ディルクは活気のある町だと感じました。何より、乾ききった我々にとって最高にうれしかったのは、冷えたビールを飲むことができたことです。あれは本当に感動的でした。
Chiakiさんのおかげで、久しぶりにサハラの風景を思い出しました。ありがとうございました。
ちなみに、私がディルクに行った時のレポートはこちらをご覧ください。
http://www012.upp.so-net.ne.jp/niger/niger35.html

 
 

ディルクのアブドゥラティフとザラ

 投稿者:Chiaki  投稿日:2012年 7月11日(水)11時44分57秒
  2000年のはじめ、タバスキの祭の時にディルクに滞在し、村はずれで日干し煉瓦を作っているトゥアレグの家庭に、1週間ほど泊めて頂きました。女の子が多い家庭で、末娘のザラちゃんは、当時5か月ぐらいでした。カマシュというガイドの息子で、当時2歳くらいのまんまる顔のアブドゥラティフともよく遊んでいました。どうしているかなあ.....  

Re:私の娘

 投稿者:tanida  投稿日:2012年 4月 4日(水)23時36分45秒
  Eiko様
書き込みをいただき、どうもありがとうございます。ずっと更新しておりませんが、楽しんでいただければ幸いです。恐らく、ニジェールの様子は現在もそんなに変わっていないのではないかと思います。
ニジェールの女の子のフォスターペアレントをされているそうですね。その子はもちろんのこと、ニジェールの子どもたちみんながきちんと教育を受けられるようになることを私も願っています。ニジェールについて興味を持ってくださっていること、ニジェールの子どもを応援してくださっていること(娘とまで言われるほど愛されていること)、そういう方がいらっしゃるというのが、本当にうれしいです。
ニジェールのことについて、また何か書き込みをいただければとてもうれしいです。今後もよろしくお願いいたします。
 

私の娘

 投稿者:Eiko  投稿日:2012年 4月 3日(火)00時17分18秒
  ニジェールに住む7歳の女の子のフォスターペアレントをしています
この子がきちんと教育を受けられる様に見守ります
この広い地球上でこの娘に出逢えた事は偶然ではありません
ニジェールと言う国すら知らなかった私ですが今は一番気になる国
色々と知りたいことだらけです。
素敵なサイトに巡り合えて良かったです(^-^)/
 

Re:はじめまして

 投稿者:TANIDAメール  投稿日:2012年 1月17日(火)00時33分53秒
  福田さま、初めまして。お返事が大変遅くなりまして、失礼いたしました。
コモン・ニジェールでのご活動について、私は以前から興味を持っておりました。
福田さまからの書き込みをしていただけるとは、感激です。どうもありがとうございます。

ニジェールキャラバンについても、ぜひ何かできることがありましたらご協力させていただければ幸いです。お声をかけてください。
今後もよろしくお願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:福田メール  投稿日:2011年12月22日(木)11時57分51秒
  一般社団法人 コモン・ニジェールの福田英子と申します。

わたくしは1978年から2年間、アーリットとアガデスの間のキャンプに住んでおりました。そして86年から5年間、今度はニアメに家族で住んでおりました。夫はウラン鉱山関係者で、その赴任について参りました。その当時の隊員の方たちは存じあげております。お名前は失念しましたが、当時島根からいらした隊員の方もいらっしゃいました。
ネットを検索していましたらTANIDAさんのサイトに行きつきました。懐かしい砂漠の写真をみて胸がいっぱいになりました。
まだまだ日本では知っている人が少ないニジェールのことを日々お話などさせて頂いて知ってもらう活動等をしております。
いつか在東京ニジェール名誉領事館支援事業、ニジェールキャラバン「ニジェールを知るための写真展と講演会」に是非、鳥取や島根もお伺いしたいと思っています。その節はどうぞよろしくお願いいたします。




http://www.comment-niger.org/

 

青年海外協力隊鳥取県OV会帰国報告会のお知らせ

 投稿者:TANIDAメール  投稿日:2011年10月20日(木)00時28分10秒
  11月26日(土)に青年海外協力隊鳥取県OV会の帰国報告会を行います。
今年は、倉吉市で開催します。ニジェール隊員OVの北原さんの報告があり、ニジェール料理も食べていただけます。よろしければ、ご参加ください。

<詳細>
★イベントタイトル 平成23年度 青年海外協力隊鳥取県OV会帰国報告会
ONE  STEP!  ~今の私にできること~

★期日 平成23年11月26日(土) 13:00~16:00

★会 場 上灘公民館 (倉吉市上灘町9 電話0858-22-0640)

★内 容
 ○開 場 (12:30)
 ○開 演 (13:00)
 ○帰国報告(各人20分間の発表と5分程度の質疑応答:50分間)(13:20)
 ・能登 陽子(平成20年度1次隊  / ボリビア  / 保健師 / 倉吉市出身)
 ・北原 遥 (平成19年度1次隊  / ニジェール / 植林  / 米子市出身)
 ○アフリカンドラム演奏(20分)
 ○ドドンと大集合(30分)・・・協力隊経験者によるクロストーク(14:35)
 ・能登 陽子(同上)
 ・北原 遥 (同上)
 ・山崎 明美(平成10年度1次隊/ ケニア   / 看護師 / 琴浦町出身)
 ・柴田 雅史(平成9年度1次隊/ フィジー  / 土木施工 / 鳥取市在住、千葉県出身)
                                        他
 ○食文化サロン・・・世界よもやま話 ~ちょっと一口つまみながら~(15:10)
  ◆アジア・大洋州サロン,アフリカサロン,中南米サロン
   ※参加している協力隊経験者の派遣された各地域料理の試食コーナーを設置。各地域の軽食・飲み物を提供する。各サロンは,参集者が報告者ならびに他の協力隊経験者と気軽に懇談できる場とする。
 (16:00全日程終了)
★その他(会場内における展示等)(終日)
青年海外協力隊経験者の活動パネル展,民族衣装・民芸品等の展示,派遣中隊員の近況報告掲示
 

Re:ご無沙汰しております

 投稿者:TANIDAメール  投稿日:2011年10月20日(木)00時16分12秒
  すぎさま、わー!お久しぶりです。すみません。このサイトの管理人でありながら、掲示板のチェックを怠っていました。9月18日に書き込んでいただいてから、一月後に気づくなんて・・・情けないです。
それにしても、ベトナムでお会いして以来ですよね。うれしいです!!
今はカメルーンにいらっしゃるのですね。ご活躍ですね。また武勇伝をお聞きしたいです。

すぎさんのおっしゃる社会貢献ですが、私も何かできないかと思いながら、なかなか行動に移せないのが実情です。まあ、我が家の平和を守ることにがんばるくらいしかできていません・・・。
すぎさんの書き込みを読んで、何かしてみたくなりました。ありがとうございます。

あとで、メール書きます。
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:すぎメール  投稿日:2011年 9月18日(日)05時12分12秒
  たにやん、お久しぶりです。2年の仕事でこの7月からヤウンデにおります。
セネガルで3年間の米セクター振興の個別専門家を終え、現在はSATREPSという、科学技術案件の業務調整をしています。
たにやんは日本での生活に奮闘しているのですね。長いことご無沙汰で失礼しました。
在外ももうじき20年、隊員時代からは25年になってしまいました。自分の過去を振り返ったとき、歴史のひとコマとして、たにやんたちとやった小学校建設のことが想いだされ、久しぶりにサイトにおじゃましました。なんと、師匠もここに来られているのですね。僕はニジェール初代隊員を知る最後の隊次なのです。師匠、お元気ですか?
仕事をしているだけでなく、これまで少しずつ蓄積されてきチリの層のような経験を整理して、たそろそろなにか、僕にできる社会貢献を広げていければと思っています。
おもしろそうなことがあったらぜひお声をおかけください。
1月に一時帰国予定です。メールアドレスはsahelman@aol.comです。
 

本当にご無沙汰しております

 投稿者:TANIDAメール  投稿日:2010年 4月12日(月)05時42分18秒
  みなさま
ほったらかしで1年近くになりました。更新もできていません・・・。
何とか生きていることでもお伝えしたいと思い、書き込みです。
最近、我が家にとって激動の日々です。
半年前に双子が生まれました。現在子ども4人。にぎやかです。
したがってじいちゃん、ばあちゃんたちとこの春から一緒に住み始めました。
考えてみれば、ニジェールでは家族みんな大人数で1軒の家に住んでいましたが、我が家も何だかそんな感じかも・・・。
職場も変わり引越しの段ボールに囲まれながら大忙しです。
みなさんも春を迎えていろいろと変化があったのではないでしょうか。
忙しいですが、張り切っていきましょう。
 

レンタル掲示板
/17