teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


放送会の掲示板作ってもらいました

 投稿者:15期生宇田川メール  投稿日:2007年10月18日(木)21時04分49秒
返信・引用
   15期生の宇田川です。
 2年生の時、同期の増山君に誘われて入りました。当時、放送会は部活と違い、担当だった理科の佐治先生に入会を自己申告するシステムだったように覚えています。
 入会当時の放送会長は14期生の藤巻先輩で、他に二村先輩、佐藤先輩がいらしたことを覚えています。同期生では、藤巻先輩の後を次いで(確か生徒会同様、選挙による選出だったように覚えています)放送会長となった上村(かみむら)君、増山君、葉住君、黒田君、林君、小林君(二人いました)、小池さん、中川さん、菊地さんがいらしたことを覚えています(忘れていた方、ごめんなさい)。後輩の16期生ではやしろ(漢字でどう書いたか覚えていません)、穴沢君がいらしたことを覚えています。
 会の活動としては、朝礼の放送用機器の設定(技術部門の仕事)、朝のニュース(やしろ君がアナウンサーで小生がディレクターを担当していたことを覚えています)、お昼の放送(確か、曜日によって様々な番組を放送していました)、下校放送、あとは臨時に生徒会選挙の速報があったように覚えています。
 武勇伝として、小生の代には行なわれなくなっていたのですが、先輩方の代には、修学旅行で取材した声を、手動式電動録音機(通称・デンスケ)で録音し、京都で東海道線の夜行便の車掌にテープを渡し、早朝、二年生の放送会員が受け取り、テープを切り貼りして編集し、お昼の放送に流すという、今では中学生ができるのか、と思われるような神業が行なわれていたことを、佐治先生から伺ったことを覚えています。
 まずは放送会掲示板立ち上げの向上までに
 

レンタル掲示板
/1