teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:63/4270 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

漬物大明神(小暮有紀子 文 まんさく 絵)

 投稿者:のら  投稿日:2021年 5月31日(月)20時17分47秒
  通報
  百二十歳のばあさまは漬物名人。
なんで漬物が旨いかというと、明神様のご神体の石をこっそり漬物石代わりにしているから。ばあさまの元気の素は野菜つくりとその野菜で漬けた漬物だ。

そして、百年に一度の明神様まつりには、村人が石をかつぎまわるのだが、ばあさまはカブをつけている最中だった。仕方なく、案をめぐらせて、ばあさまがこっそり箱におさまってご神体がわりになって村をめぐる。

さいごに、ばあさまが漬けた漬物はこれまで以上に旨い漬物になった。

このお話は『グリム童話大賞作品』で、地元有志で書籍化されたとのこと。
絵がとてもおはなしに合っている。うまそうな野菜とひと癖ありそうでしたたかなばあさまの顔がいい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:63/4270 《前のページ | 次のページ》
/4270